• 登別市郷土資料館ボランティア活動に参加しました。2020.04.07

    4月7日、登別市郷土資料館の施設内において、毎年この時期に郷土資料館のボランティアメンバー(SLG)の方々が、市民から寄贈された「鯉のぼり」、およそ100匹を揚げておられます。当社は4年前より地域貢献の一環で特に高所作業と力仕事を中心にお手伝いさせて頂いております。今年も当社および協力会社職員15名が作業に参加させて頂きました。

     

     

  • 登別建設協会による小学校入学式前の学校敷地内の清掃奉仕を行いました。2020.04.03

    4月3日、毎年、登別建設協会が市内8小学校で実施している入学式前の校舎屋外施設の清掃奉仕(当社は幌別小学校を担当)を㈱カナザワ様、大内建設㈱様の総勢12名で行いました。今回もごみ拾い、落ち葉拾い、土砂除去の3班に分かれ、校舎エントランス、校庭、グランドの清掃を行いました。コロナウィルスで厳戒態勢の中、入学式が無事に挙行されることを祈るばかりです。

  • 交通安全啓発活動を行いました。2020.02.28

    2月28日金曜日、当社が施工している現場(工事名:白老海岸虎杖浜地区外(特対)局部改良工事:現場代理人 小林広志)で、地域貢献活動として隣接する国道36号線を走行するドライバーに対して、所長以下9名が沿道に立ち、「スピードダウン」と「シートベルト着用」の旗を掲げ、交通安全を呼びかけました。日増しに春らしくなり、道路状況が良くなることで、つい速度超過になり易いので、我々実施者も交通安全意識の高揚を図ることが出来ました。

  • 小学生の校外学習を開催しました。2020.02.26

    2月26日、当社に幌別小学校4年生の児童11名と引率の先生が、「総合的な学習の時間」として「ご近所マップ」を作成するために来社されました。当社の鶴田管理部長より、「建設のお仕事」について説明が為された後、土木部の二階堂工事長より樽前山噴火に備えた防災対策工事での仕事を紹介し、人々の安全な暮らしに役立つ仕事をしていることを説明しました。参加した児童からは多くのご質問を頂き、特に本社前に建設した道道の高架橋の紹介では写真やメモを取るなど目を輝かせておりました。

     

  • 第10回安全衛生パトロールを実施しました。2020.01.24

    1月22、24日の両日、施工中の8現場の安全衛生パトロールを実施しました。先月に引き続き、冬期及び工事追込み期における危険リスクについて対策が図られていることを確認しました。

  • 厚真町吉野地区での災害復旧工事について2020.01.06

    一昨年9月に発生した胆振東部地震による災害復旧工事について、当社は昨年春より甚大な被害が発生した厚真町吉野地区での工事を進めて参りました。施工に際し、隣接する他工区の方々と協力し合い、安全かつ円滑な施工に努めたことで無事に工事を完了し現在、引き渡しに向けた手続きを行っているところです。

  • VR(バーチャルリアリティ)による安全教育訓練を実施しました。2019.12.26

    当社では、今月より各現場で定期的に行われる安全教育訓練に、ここ数年急速に普及しつつあるVR(バーチャルリアリティ)を活用した危険予知体験を実施しております。特に若手職員においては、これまでに体験したことのない工事現場での危険リスクを仮想現実をとおして体感することで、安全の重要性を認識、自覚することが出来ました。

  • 第9回安全衛生パトロールを実施しました。2019.12.24

    12月24日、施工中の8現場の安全衛生パトロールを実施しました。年末に入り、冬期及び工事追込み期における危険リスクについて対策が図られていることを確認しました。

     

  • HES(北海道環境マネジメントシステム)移行審査が行われました。2019.12.13

    12月13日、当社が認証取得している北海道環境マネジメントシステムについて、定期監査及び新規格への移行審査のため、審査を所管するHES推進機構より綿谷審査員が来社されました。この規格は北海道における環境マネジメント活動を行っている会社について、規格の適合性を認証して頂くもので、当社においてはエネルギー削減、各種環境保全活動での取り組みについて、審査が為されました。

  • 北海道知事より工事等優秀者として表彰されました。2019.12.04

    12月4日、北海道胆振総合振興局より縄田副局長ほかお二人が来社され、北海道建設部が発注する工事施工において優れた成績を納めたとして、鈴木直道知事より感謝状が授与されました。今後も引き続き、全社一丸となり、高品質で環境に優しく、無事故無災害で工事に励んで参ります。